在宅医療薬剤師とは?仕事内容は?

在宅医療とは、ご存知の通り医師や看護師、薬剤師、ケアマネジャーなどが連携をして、協力体制の下、在宅での治療・ケアにあたることになります。在宅医療を受ける方、特に高齢者は、使用する薬が多くなりがちだというのが現状です。しかし薬は多くなるほど管理が、必然的に大変になってくる。在宅医療チームにおける薬剤師の主な役割は、使用する薬をきちんとチェックして、使用する際に間違いや危険がないように管理をすることになります。

しかしながら現実的には、まだまだ在宅医療チームへの薬剤師の参加は、一般的であるとは言えない状況です。それでも最近はやっと、チーム医療という考え方が、重要視され、一般的になりました。在宅医療においても、医師、看護師、薬剤師、ケアマネジャーがそれぞれの専門分野の能力を活かし、うまく連携をすることで、質の高い効率的な在宅医療サービスができると考えられています。

在宅医療チームにおける主な薬剤師の役割は薬の適正な供給と使用に関わることでしょう。前述にもあるように、在宅医療を受ける方は、飲む薬が多く、管理しきれないことが多々あります。当然に医療や薬剤の知識を有していない人間がほとんどですからね。以前ほかの病院でもらった薬と、現在処方されている薬が混在してしまうケースなんてよく見られることではないでしょうか。

他にも別の病院でもらった薬を内緒にして服用するケースなども挙げられますね。患者さんは、ほかの病院や薬局にかかっていることを後ろめたく思うことも多く、面倒なことにならないようにと、内緒にすることがあるんですね。しかし薬には相互作用があり、一緒に服用すると効果が上下したり、体に有害な作用を及ぼすものもあります。患者さんの薬について情報を集め、そのような危険性を防止し、管理するのが、在宅薬剤師の役割だと言えるでしょう。

昨今「在宅医療の薬剤師」に転職したいという方は増えています。転職サイトのアンケートでも如実です。在宅医療の薬剤師になりたい場合は転職サイトを有効活用しましょう。在宅医療の求人案件も豊富に扱うリクナビ薬剤師がユーザーの人気では1位に輝いていますのでご参考下さい。


>>全国の大半の薬剤師が利用経験がある薬剤師の総合転職情報サイトはココ<<

薬剤師の在宅医療求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・紹介実績の年間転職者数は、もちろん業界ナンバーワン!その数年間100万人以上!
  • 薬剤師の求人のリクルート!年収アップ、勤務条件改善案件なども豊富に揃っている。
  • ・転職相談はもちろん、些細な悩みの相談も、キャリアコンサルタントがあなたをサポート。
  • 在宅薬剤師に参加している薬局求人も網羅。35000件以上の求人数だからきっとみつかる。
  • ・働きたいエリアの在宅医療状況など、勤務エリアの医療状況が詳しくわかるから安心。
  • 案件の少ない職種でも、より好条件の案件を紹介。キャリアUPと収入UPが期待できる。
  • ・検索システムが細かく、詳細に検索できるだから、自分が望む案件が簡単に見つけられる。
  • 忙しい薬剤師の転職も全力サポート!個人に負担なくスピーディーに転職活動ができる。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • 一般には公開できない非公開の求人案件が豊富。在宅薬剤師の案件ももちろん多数アリ!
  • ・職場の雰囲気や就業事情が分かるから、在宅薬局かどうかのや取り組み方の確認も可能。
  • ・様々な事情に応じた求人を探せるので、自分の希望に応じたこだわりの職種でも検索可能。
  • ・コンサルタントの質が高く、事情に合わせた案件を親身になって紹介してくれるサイト。
  • ・紹介実績は業界でもトップクラス。8割以上の転職成功者がまた利用したいとの声も多い。
  • 募集記事や他のサイトでは決して分からない職場の詳しい情報を提供してくれる。
  • ・セミナーが充実しているから、在宅薬剤師未経験でも、必要なスキルを身につけられる。
  • ・数少ない在宅参加薬局の案件も、マイナビ独自のルートがあるから、簡単に検索可能。

詳細はこちら

ヤクジョ

ヤクジョ
  • 驚異の離職率1%はやっぱり魅力!キャリアコンサルタントの対応がダントツです!
  • ・転職に必要な情報はコンサルタントが用意。直接企業に聞きづらい質問も答えてくれます。
  • ・転職活動中はもちろん、入職後のアフターフォロー制度も充実しているから評判が良い。
  • 転職に妥協は必要なしを掲げているから、自分の希望に限りなく近い転職先に入職できる!
  • ・転職後の収入UP率は業界トップクラス!ヘッドハンティング会社のパイプは質が違います。
  • ・30秒かからない簡単登録。見つけやすい検索システムを完備しているから早く見つかる。
  • ・求人の75%はヤクジョ独自の非公開求人だから、希少な在宅参加薬局もきっと見つかる。
  • ・転職希望者の目的をじっくり考慮。丁寧・親切なコンサルティングを実現しています。

詳細はこちら

薬剤師の在宅医療の必要性

高齢化社会の影響によって、近年では在宅医療という考え方が生まれてきました。現在の日本では、今後高齢者、特に75歳以上の方が急速に増えてきます。老化現象や疾患により心身の機能が低下し、医療機関への通院が困難となるのは必至であり、自宅や高齢者向けの住宅などで療養される方が、ますます今後も増えることが予想されているのです。

近年のニュースでも、在宅での高齢者の孤独死などがフィーチャーされていますよね。自分の体調が悪くても、先立つものがないために、自宅で我慢するというパターンもあるでしょうが、中には、肉体的な機能低下が理由になって、体調が悪く病院施設へと赴きたくても、体がいう事を聞いてくれず、通うことができないことだってあるでしょう。こういった高齢者等に向け、在宅医療の必要性が高まってきたわけです。

他にも、現在の日本では、9割ほどの方が病院で亡くなっています。この中には、最後まで自宅で過ごしたいと願っていても、家族に負担をかけたくない、緊急時が不安などの理由で入院を選択した人も多くいらっしゃるんですね。今後、在宅医療・ケアが進めば自宅での療養を希望される人が増えることが、予想できるわけです。また、がん末期や難病の患者さんが、多様な価値観から、住みなれた自宅での療養を選択されることも多いわけです。この点からも在宅医療の気運が高まったわけですね。

また平成18年6月に医療制度改革法が成立し、国は医療や介護にかかる費用の伸びを抑制する方向での改革を実行しました。医療費抑制の有力な手段として、出来るだけ入院期間を短くする施策が取られたわけです。具体的には、介護療養型医療施設が廃止されることを決定しました。また、医療療養病床も、医療の必要性が高い人だけに入院を限定することにより削減されました。

しかしながら、ここから溢れた患者さんの受け皿整備は進んでおらず、行き場を失う人が多数出現しているわけです。在宅もその受け皿の一つとして考えられていますが、療養病床に入院されている方の病状や、家族の状況から判断すると、在宅で必要な医療や介護を受けることは困難と言得る状況なんですね。無理に在宅へ戻せば、患者さんと家族の双方の人生の質が低下し、生命の危険も生じます。

こういった理由から在宅医療の発展が、早急に望まれたわけです。在宅医療はチーム医療が原則です。そのチームの中には、薬剤師の存在も必要不可欠です。在宅医療を受ける方は飲む薬が多く、管理しきれないことが多々ありますから、薬の正しい使用方法と管理を行える薬剤師の存在は、必然的に上がるのです。

薬剤師として在宅医療に参加したいのであれば、地域で参加表明を示している薬局に転職するのが一番でしょう。こういった情報は、そのエリアの医療事情に詳しい薬剤師専門の転職支援サービスサイトを使って紹介してもらうことが一番ですよ。自分が在宅医療の参加意思が高く、そういったサービスを提供している薬局で働きたいと希望をすれば、紹介してくれることになるでしょう。